肉食を減らそう
おはようございます。 ゲストさん
ログイン
肉食を減らそう
肉食を減らして家計・健康・環境・子供達の未来に優しい生活を広めましょう


NPO法人設立手順社員募集役員設立代表者法人設立の目的事業内容活動内容
事務所会員の種類事業年度運営方法予算決定事項
定款
NPO法人設立趣意書

 現代社会では
 1 人類活動による地球環境の破壊
 2 栄養バランスの悪い食生活による肥満や成人病の増加
 3 成人病による医療費の増加、及び労働力の棄損とそれによる経済損失、
 4 成人病り患、或いは死亡による家庭での他の家族への心身及び経済負担増加、それによる家計圧迫や貧困化
 5 成人病増加による医療費への税支出による国の税支出の柔軟性の棄損
 6 上記問題の複合的結果としての、子供や将来世代への投資の減少及び子供や将来世代の負担増加
が問題になっています。

 この問題に共通する最大の原因の一つが酪農産業が供給する食肉の増加にあると考えられます。
食肉には代表的なもので、牛肉、豚肉、鶏肉があります。
 11 牛肉は、牛が通常1頭の子しか生まず、育成期間が長いため生産コストは一番高くなります。その飼料は牛肉1Kg生産するのに、12.5Kgの穀物が必要と言われています。
  それゆえ、肉の販売価格も一番高くなっています。
 11-B 牛の大量飼育の問題点に牛のおならやゲップに含まれるメタンガスの発生があります。メタンガスは二酸化炭素の25倍の地球温暖化効果があります。
 12 豚肉は、豚の育成期間が牛よりは短く、牛より多産であるため、生産コストも牛よりは低くて済みます。その飼料は豚肉1Kg生産するのに、5gの穀物が必要と言われています。
  それゆえ、豚肉の販売価格も牛肉より低くなっています。
 13 鶏肉は、鶏の育成期間が豚よりは短く、豚より多産であるため、生産コストも豚よりは低くて済みます。その飼料は鶏肉1Kg生産するのに、2.5Kgの穀物が必要と言われています。
  それゆえ、鶏肉の販売価格も豚肉より低くなっています。

  そのほかに酪農産業には、鶏卵と牛乳生産があります。
 14 鶏卵の飼料効率は鶏肉の10%高くなっています。
 15 牛乳は鶏卵より飼料効率が45%高くなっています。
 
つまり、1の環境問題としては
20 11を最上位として、上位の食事の全部または一部を15までの下位に切り替える事
21 あるいは、ジビエや魚介類、野菜や穀物(特に豆類)に切り替える事
 の方法により、上位の食肉の需要が減り、結果として、酪農家の売り上げが下がり、飼養頭数減少、飼料穀物需要の減少、の連鎖により、農地の大幅な面積節約ができ、それによる熱帯林等の乱開発による環境破壊抑制、二酸化炭素吸収力の維持回復が図られると思われます。
 同時にメタンガスの発生も抑制されます。

 次に、2-5の健康問題にかかわる項目では、食事の質に対する意識の高まりが生まれ、肥満や成人病の問題は急激に改善し、それによる諸問題も減少や改善が図られると思われます。

 最後に、それらの解決により、子供や将来世代への投資が増え、子供や将来世代のリスクは軽減されると思われます。

そこで、この法人は個人や企業、地方政府や各国政府、国際機関に対して
その広報、啓蒙、教育、知識や食生活改善ノウハウの共有に関する事業を行い、
永続的な地球経営、健康で幸せな個人生活の確保に寄与することを目的とし、設立します。

しかし、任意団体や会社では法的地位や運営の透明性が問題になるので、特定非営利活動法人の設立が望ましいと考えています。皆様のご理解と幅広いご支援をお願いいたします。」
2019年9月15日
以上
発起人代表 小田々豊 
 
 *-------------------**
 
 以下参考資料  
・熱量変換効率:牛乳40%,鶏卵22%,鶏肉12%,豚肉10%,牛肉3%
・蛋白質変換効率:牛乳43%,鶏卵35%,鶏肉40%,豚肉10%,牛肉5%
https://www.pnas.org/content/108/50/20260
 
 
  穀物を家畜でなく人間が直接食べれば,世界の人口扶養力が向上
  http://lib.ruralnet.or.jp/nisio/?p=2979
|NPO法人設立手順|社員募集|役員|設立代表者|法人設立の目的|事業内容|活動内容|事務所|会員の種類|事業年度|運営方法|予算|決定事項|定款|
(C) 2008-2022 肉食を減らそう( All rights reserved.)